fbpx

■マスクで耳の痛みを感じたことのある人は多い

日常的にマスクを着用する生活がすっかり定着しましたが、「マスクをつけることで、耳の痛みを感じた」という経験のある方は、多いことと思います。

■耳が痛くなる原因

マスクをしていて耳が痛くなる原因は「ゴムを耳に掛けていることで、より強く、耳の後ろに圧力がかかるため」です。

特に、耳への圧力が強くかかる原因としては、「ゴムが短い・きつい・硬い・細い」「マスクのサイズが小さいので、ゴムが引っ張られる」などが考えられます。

■太くやわらかいゴムで、耳にかかる圧力を分散

KOKO+の「制菌 耳にやさしいマスクゴム」は、やわらかく耳が痛くなりにくいマスクゴムです。直径が約4mmの太くやわらかいゴムのため、耳にかかる圧力が軽減され、痛みを感じにくくなっています。

また、長さを調整するためのアジャスターもついているので、耳にかかる負担が少ないよう、自分にあった長さに調整することが可能です。

さらに、マスクゴムには制菌加工が施してあり、お洗濯して繰り返し使っても、清潔で安心です。

関連記事一覧

細菌とウイルスの違いについて

大きさの違い ウイルスは約0.1μm(マイクロメートル)、細菌は約1~10μmで、10~100倍の違いがあります。※1μmは1mmの1000分の1。 一般的な不織布マスクの穴は約5μmなので、細菌やウイルスはすり抜けてし […]

除菌・抗菌・制菌 etc…どう違う?

様々な製品でよく見る「除菌」や「抗菌」や「制菌」などの文字。似ているのでどれも同じような効果があるように見えますが、どういう風に違うのでしょうか。それぞれの効果を詳しく知ることで、生活の中に役立てましょう。 ■除菌 つい […]

インナーポケット付きマスクの作り方

■マスクインナーが入るポケット付きマスクの作り方を公開 作り方・型紙ともに、ご家庭で印刷がしやすいA4サイズです。手縫いでもミシンでも作ることができます。 マスクは、子供や小さめな大人向けのSサイズ・標準的な大きさの大人 […]