■マスクで耳の痛みを感じたことのある人は多い

日常的にマスクを着用する生活がすっかり定着しましたが、「マスクをつけることで、耳の痛みを感じた」という経験のある方は、多いことと思います。

■耳が痛くなる原因

マスクをしていて耳が痛くなる原因は「ゴムを耳に掛けていることで、より強く、耳の後ろに圧力がかかるため」です。

特に、耳への圧力が強くかかる原因としては、「ゴムが短い・きつい・硬い・細い」「マスクのサイズが小さいので、ゴムが引っ張られる」などが考えられます。

■太くやわらかいゴムで、耳にかかる圧力を分散

KOKO+の「制菌 耳にやさしいマスクゴム」は、やわらかく耳が痛くなりにくいマスクゴムです。直径が約4mmの太くやわらかいゴムのため、耳にかかる圧力が軽減され、痛みを感じにくくなっています。

また、長さを調整するためのアジャスターもついているので、耳にかかる負担が少ないよう、自分にあった長さに調整することが可能です。

さらに、マスクゴムには制菌加工が施してあり、お洗濯して繰り返し使っても、清潔で安心です。

関連記事一覧

細菌とウイルスの違いについて

大きさの違い ウイルスは約0.1μm(マイクロメートル)、細菌は約1~10μmで、10~100倍の違いがあります。※1μmは1mmの1000分の1。 一般的な不織布マスクの穴は約5μmなので、細菌やウイルスはすり抜けてし […]

「布マスク」の替えゴムにおすすめ

■「布マスク」を使ったことがある人の割合 (株)KAWAGUCHIが2020年10月に行ったインターネット調査(有効サンプル数10,758件)では、これまでに使ったことのあるマスクのタイプ(複数回答可)で、「既製の布マス […]

マスク着用の効果とインナーについて

マスクの着用の効果は?インナーで手軽に感染対策 新型コロナウイルスのまん延により、マスクを着用している人が増加しました。その一方で、マスクに感染予防の効果がないのではないかと疑問に感じる方もいらっしゃいます。結論としまし […]