■「布マスク」を使ったことがある人の割合

(株)KAWAGUCHIが2020年10月に行ったインターネット調査(有効サンプル数10,758件)では、これまでに使ったことのあるマスクのタイプ(複数回答可)で、「既製の布マスク」を選んだ人が約50.7%「手作り布マスク」を選んだ人が約30.6%でした。

そのうち、最もよく使用するマスクに「既成の布マスク」を選んだ人は約21.4%、「手作り布マスク」を選んだ人は約8.3%、合計すると30%近くの人が最もよく使用するマスクに布マスクを選択しました。


■布マスクを使用する理由

作ったり、もらったりしたから

洗って使えるのがエコだから

可愛い・おしゃれ・自分好みだから

肌にやさしく、一番肌荒れしなかったから

「布マスク」を使用する理由は様々です。「夏に、熱中症の予防や暑さ対策で、冷感タイプの生地を使ったものを使用していた」という回答も目立ちました。

また、「布マスク」と「不織布マスク」などを、シーンに応じて使い分けているという方も、多くいました。


■既成の布マスクの替えゴムや、手作り布マスクにおススメ

KOKO+の「制菌 耳にやさしいマスクゴム」は、やわらかく耳が痛くなりにくいマスクゴム。制菌加工が施してあるので、清潔で安心です。

「既成の布マスクのゴムが伸びてしまった…」「柄が気に入って買ったけれど、ゴムが痛い」などの場合や、新しく布マスクを手作りする場合にもおススメです。

ホワイト、ベージュ、ピンク、ブルー、グレーの5色で、マスクの生地やお好みに合わせて選ぶことができます。
また、同じ生地を使ってマスクを作っても、家族によって「お姉ちゃんのゴムはピンク、弟のゴムはブルー」など、目印としての使い分けもできて、便利です。

アジャスターも入っているので、長さの調整も簡単にできます。

関連記事一覧

「マスク用ラベル」の便利な使い方

シールみたいにペタッと貼るだけで、お洗濯もできる!「マスク用ラベル」の便利な使い方を紹介します。 色はシンプルな白やグレーから、お子さんも使いやすいカラフルなものまで、全部で6種類。 1:お名前つけ 小学校などでは、すべ […]

マスクで耳が痛くなる原因は?

■マスクで耳の痛みを感じたことのある人は多い 日常的にマスクを着用する生活がすっかり定着しましたが、「マスクをつけることで、耳の痛みを感じた」という経験のある方は、多いことと思います。 ■耳が痛くなる原因 マスクをしてい […]

細菌とウイルスの違いについて

大きさの違い ウイルスは約0.1μm(マイクロメートル)、細菌は約1~10μmで、10~100倍の違いがあります。※1μmは1mmの1000分の1。 一般的な不織布マスクの穴は約5μmなので、細菌やウイルスはすり抜けてし […]